スポンサーリンク

ユニオンバンクの口座から現金を日本円で引き出す方法。

ユニオンバンクのオンラインバンキングサービス

ユニオンバンクの口座から日本で日本円を引き出す場合、2つの方法があります。

1.提携ATMから(セブンイレブンなど)引き出し。

2. wire transfer(銀行間の資金のやりとり)を用いてユニオンバンクの口座から、任意の日本の銀行口座へ資金を移動してから、現金を引き出し。

1の場合、ATMの取引手数料が5ドルかかる上に引き出し限度額がセブンイレブンで5万円までなので、高額の現金引き出しには適してません。(ちなみにローソンのATMでは未対応でした。)

5万円以上の高額の現金を日本円で引き出す場合、2の方法がい良いでしょう。

ユニオンバンクのFUNDS TRANSFER SETUP

日本の銀行口座にwire transferでユニオンバンクから資金を移動する場合、2つの書類をユニオンバンク・ジャパニーズ・カスタマー・ユニットまで郵送する必要があります。

まず、FUNDS TRANSFER AUTHORIZATION。

送金者の送金時の権限などを登録する書類です。見本が付属してあるのでそんなに難しくありません。

書き方見本

次にFUNDS TRANSFER SETUP

これは一回あたりの送金限度額や受取銀行の口座番号、住所、SWIFT CODEなどを書きます。

CCBILLなどの海外ASPに登録したことがある方はとくに難しくないと思います。

この2つの書類を書いて ユニオンバンク・ジャパニーズ・カスタマー・ユニット まで郵送します。登録が完了するとオンラインで送金指示を出せるので手間がかかりません。

セブン銀行からATMカードを使って現金を引き出す場合。

セブン銀行ATM

セブンイレブンなどに設置してあるセブン銀行ATMで出金。

ユニオンバンクのATMカードにはPINコードとば呼ばれる4桁の暗証番号が設定されていますので、それを入力。

ATMの操作方法については↓下記を参照。

https://www.sevenbank.co.jp/intlcard/service.html

限度額が小さいのが少しネックですが、海外旅行にいった際に現地通貨を提携ATMから引き出せるので便利。

※ ユニオンバンクは、「Cirrus®」、「STAR®」、「Mastercard®」および「Maestro®」と提携しているため、世界各地で提携ATMから現地通貨による現金のお引き出しが可能。

参照: https://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/service2.html