アダルトアフィリエイター騒然!!CCBILLアカウントの銀行送金(Wire Transfer)が突然使えなくなった件。

FEMJOY
Pocket

国際送金

2019年9月26日のこと。何気なくメーラーを開いてメールチェックしていると、CCBILLから1件のメールが。

過去に取引先が米国からEUに変わったりと突然の報告がたびたびあったので、今回もまた「何か来たなー」という感じでした。

CCBILLからのメール

本文をgoogle翻訳すると、以下。

追加の金融および銀行機関のポリシーと同様に
法律を管理するさまざまな国では、Wireを介して支払いを送信できなくなりました
アフィリエイトアカウントに転送します。本日現在、アカウントのすべての支払いは
保留にする。今後は、アフィリエイトにのみ支払いが可能になります
SEPA転送または紙の小切手による米国外。

保留を解除するには、新しい支払い情報の更新を完了する必要があります
選択したお支払い方法(SEPAまたは小切手)が記載されたフォーム
次のURL。詳細については、マーチャントサポートチームにお問い合わせください。
支援や質問。

要約すると、米国外でアフィリエイトやってる人は支払いを保留にするよ。

保留を解除するには、SEPAか小切手での支払いのどちらか選んでね。

という事でした。

まさに晴天の霹靂。

一瞬で頭を駆け巡ったのは「小切手の換金めんどくせー」でした。

調べてみると、海外からの小切手の換金は取引銀行が限られるうえに高額。

5000円から8000円と仮に500ドルからの小切手換金だった場合、10%以上持ってかれる計算になります。

これは困ったぞ・・・

なんせぼくの場合、CCBILLからの支払いは月1。海外からの銀行送金の手数料が20ドル(Swiftの場合)だったので、それが小切手での換金に変わると、1回あたり最低でも3000円の損失。1年だと36000円・・・けっこうデカいぞ。(しかもめんぐさい)

それでSEPAについて調べてみました。

SEPA (Single Euro Payment Area:単一ユーロ決済圏)

どうやらユーロ圏における、銀行送金システムのようです。SEPAはユーロ決済圏での取り決めなので、日本の銀行は対応してません。

つまり、ユーロ圏の銀行に口座を持ってないと使えないシステムという事になります。(なんでSWIFT使えなくなったんだ!?)

おそらく、昨今の某大国同士による貿易戦争の煽りでしょうか。

トラ●プ大統領が関係しているのは間違いなさそうですが、この際仕方ありません。

なんとかSEPAを使える方法はないものかと探していたところ・・・

ありました。良い方法が。( ̄ー ̄)ニヤリ

海外銀行口座のレンタルサービス、ペイオニア(Payoneer)です。(日本語ページもあります。右上のプルダウンメニューから日本語を選択。)

ペイオニアを使うと、ドルやユーロでの受け取りが可能な口座をレンタルできます。

CCBILLの場合はユーロ建てでの支払いをSEPAを使って送金するシステムなのでまさにペイオニアはうってつけのサービス。

ペイオニアは口座維持手数料が無料。外貨での銀行振り込み手数料も無料なので国内の銀行へ出金する際の為替手数料、2%以下のみで利用できます。

ペイオニアアカウント

今なら友達紹介プログラムで1000ドルを受け取った時点で25ドルの報酬を受け取ることが出来ます!

もし、CCBILLでのSEPAを使った日本円での報酬の受け取りを考えているのならば超おすすめです。

ペイオニア(Payoneer) (日本語ページもあります。右上のプルダウンメニューから日本語を選択。)